家庭用脱毛器 レーザーは痛いけどフラッシュ型なら痛くない!

家庭用脱毛器はレーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器の2種類がありますが、どちらのタイプがオススメなのでしょうか。
照射範囲や1回辺りの照射コストなどの比較すべき点はたくさんあります。
レーザー脱毛は毛などの色素の濃い部分、つまりメラニン色素に反応して脱毛する方法なのですが、基本的にはレーザー脱毛は医療機関で行うもので、家庭用で出来るものは医療用のものと違ってレーザーの出力が抑えられています。

 

 

フラッシュ脱毛は、光のエネルギーを使用して脱毛する方法で、レーザーよりも肌への影響が弱いと言われています。
そしてその最大の違いは、脱毛時の痛みです。
レーザー脱毛の場合はメラニン色素に対して反応するため、どうしても毛が密集しているところでは、脱毛時の痛みがきつくなってしまいます。

 

 

痛みの目安としては、輪ゴムではじいたような痛みと言われていますが、痛みに苦手な人には厳しい痛みかもしれませんね。
ところがフラッシュ脱毛器の場合、痛みはかなり少なくなっているので痛みに弱い人などにオススメです!

痛くない!フラッシュ脱毛器はこれ

痛くないフラッシュ脱毛器についてご紹介します。

 

ケノン

痛くない,脱毛器,フラッシュ脱毛

まず第1位は「ケノン」です。
楽天の売り上げランキングでも何週にもわたって売り上げ1位を記録するケノンは、家庭用脱毛器の中でもスピーディーな脱毛が出来ること、また1つのカートリッジでの脱毛コストが非常に安いのも魅力です。

 

ケノンの良いところは、カートリッジが色々ついてくることです。
使いたい部位にあわせてカートリッジを交換できるので、広い範囲には照射面積が非常に広いカートリッジを使用したり、顔には狭いものと美顔カートリッジを併用したりと自由自在です。
それなのに痛くない、しかも脱毛することで肌が綺麗になると評価が高く、多くの芸能事務所でも採用しているほどです。

 

 

イーモリジュ

痛くない,脱毛器,フラッシュ脱毛

そして第2位は「イーモリジュ」です。
イーモリジュは、家庭用クラスの中では最大級の10段階のレベル設定が出来ます。
低出力から高出力まで選ぶことが出来るので、痛みに弱い人も安心して使用することが出来ますね。
まずは弱い出力から徐々に様子を見ていくことで、必要以上の痛みを感じなくても済みます。

 

また、静電式タッチセンサーを採用しているため、一定レベル以上肌に触れていないと光が照射されない安全設計をとっています。
肌に接触する部分は一切金属を使用していないので、金属アレルギーでも安心して使用出来ます。
また日本人向けに開発されたため、肌への負担を最小限に抑えた優しい設計になっているのも嬉しいですね。

 

 

ヒカリエピ

痛くない,脱毛器,フラッシュ脱毛

そして第3位は「ヒカリエピ」です。
ワイドな照射面を持っており、肌にあてて照射するだけの簡単な操作性、また紫外線カットなど誤射を防ぐタッチセンサー機能を搭載しており、安心かつ安全に使用することが出来る脱毛器です。

 

業務用美容機器メーカーが家庭用に開発しており、品質はサロン品質で、三段階出力で全身に使用することが出来るのも嬉しいですね。
肌に優しくそして安全に脱毛出来るので、全身のムダ毛ケアに積極的に使って行きたいですね。

 

デリケートゾーンの脱毛